脂肪注入でできる豊胸

美容整形として知られている豊胸術に関しては、複数の手術の方法があることで知られています。その中でもシリコン製で作られたバックの挿入は、大きなバストを手に入れたい人には有効な施術でしょう。また、初めて美容整形を行う人に、手軽な方法としてお勧めできるのかヒアルロン酸を注入することです。

そのほかにも脂肪吸引で吸引した脂肪を注入できる脂肪注入法があります。脂肪を注入する事は、 より自然な仕上がりを期待することができますので、クオリティーの高いバストを作ることができるでしょう。今後においても発展が期待されるでしょう。

脂肪注入による豊胸は人気の方法?

脂肪注入は気になっている脂肪を、胸に注入しバストアップができるという美容整形になります。脂肪を注入した場所の細身もかなうという方法です。自分の脂肪ですのでバッグを入れるのに抵抗があるという方にも人気となっています。脂肪を注入するという方法ですので、不自然な硬さもありません。

レントゲンに写ることもないというのもメリットの一つです。しかし、注入した脂肪はだんだん体に取り込まれて行って、定着率は30パーセント程となっています。しこりができてしまう場合があるもデメリットになります。最近では、定着率が高かったりしこりができにくい、方法もあります。脂肪注入は豊胸でも人気のある方法となっています。

世界中で選ばれている豊胸術・ピュアグラフト脂肪注入

脂肪注入法は、美容整形業界の中でも人気が高い豊胸術です。多くのクリニックで実施されているのは、ピュアグラフト脂肪注入法という施術です。患者から吸引した体脂肪の不純物を除去して、純度の高い良質な脂肪細胞のみをバストに注入します。

脂肪細胞を破壊することなく、そのまま再利用するため、体内での脂肪定着率が極めて高い、高品質な施術となります。定着率が高いという事は、定着しなかった脂肪がしこりとなる確率も低くなりますので、安全性の高い施術でもあるのです。世界中で採用されているため、技術研究も盛んに行われており、豊胸術のスタンダード的な存在となっています。

脂肪注入法の豊胸術では注入部位も重要です

脂肪注入法による豊胸術では、脂肪吸引の負荷が大きいため、注入の施術はあまり警戒されない傾向にあります。確かに安全面で考えるなら、医師の脂肪吸引技術がとても重要になるのですが、脂肪注入でも技術力は大変重要です。

ただ単に安全な部位へ注入するのではなく、患者の体型と要望を考慮し、適切な部位に適量を注入する技術が必要となります。また、左右のバストのバランスにも注意が必要ですし、脂肪の定着率を高める加工技術も必要となります。万が一仕上がりに問題があった場合、修正手術などのフォロー体制も重要となります。技術力の高い美容整形クリニック選びを心がけましょう。

若返りオーダーメイドデザイン複合手術

美容整形・美容外科Kunoクリニック大阪、東京 

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

豊胸手術の記事