美容外科で豊胸手術法を選ぶ

美容整形の中でも豊胸手術を受けたいと考えたら、施術の選び方が重要になってきます。 高額になりやすい施術のひとつの為、料金を比較検討しておきたいと考える人は少なくないでしょう。

ですが、施術を受けたいと考えたら、料金だけではなく、効果が持続する期間についても考えておく事がお勧めです。 豊胸手術の中でも脂肪注入法は効果が半永久的に持続しますが、豊胸バッグを入れる方法は将来的にバッグを取り除く必要があり、ヒアルロン酸注入法は1年から2年で効果が消えていく事になります。 ですから、効果が持続する期間も意識して、施術を選ぶ事が大切です。

施術する美容外科を選ぶことだけでなく豊胸手術方法を考えることが大切です。

豊胸手術の永久性について

豊胸手術にはシリコンバッグによる方法、脂肪注入による方法、ヒアルロン酸注入による方法の3種類があります。どの方法で豊胸を行うかはその人が目指す胸の形や効果の持続性によっても異なってきますので事前にしっかりとした知識を付けておくことが大切です。

シリコンバッグ、脂肪注入による豊胸は効果が永久に持続すると言われています。その反面、ヒアルロン酸注入は効果がだいたい1,2年と言われています。そのため永久に効果を持続したい方はシリコンバッグか脂肪注入を選ぶ必要があります。

ただ、効果が持続する反面この2種類の方法はヒアルロン酸注入に比べると手軽に行う事が出来ません。シリコンバッグはメスを使用しますし脂肪注入も脂肪を取る作業が必要になるため、余分に日数が必要になります。

美容外科で豊胸するならエンジェルバッグを

胸が小さいと悩んでいるなら、美容外科で豊胸手術をしてみるというのも大変良い方法です。 ただ、中には不自然な形になるのでないか、触り心地が良くないと彼氏に豊胸したことがバレてしまうのではないかということに不安を感じる人も少なくありません。そんな時は美容外科の先生にお願いして、エンジェルバッグと呼ばれるシリコンを入れもらうと良いです。

これは非常に柔らかく作られているため、バストがとても自然な形になりますし、破れにくいので安全面を考えてメリットが多いです。施術方法にもよりますが、たいていは一週間ほどで普段通りの生活に戻れるので、検討してみることをおすすめします。

豊胸美容整形手術をすると血管ってどうなるの

豊胸手術には従来からシリコンバッグを挿入する方法が用いられてきましたが、この方法では異物を挿入することになる事から拒絶反応が起きてしまうことも少なくませんでした、そのため、現在は自分の体の脂肪を吸引し、注入する方法が主流となっています。

その際に脂肪をそのまま注入するその脂肪が固まり石灰化をおこしたり、血管に影響を及ぼす可能性が有ります。 その為、最近の美容整形では吸引した脂肪をそのまま注入するのではなく、吸引した脂肪組織から抽出した幹細胞と血小板を注入するという方法が行われています。この方法では自分の幹細胞を注入することで新しい血管が生成されるため安定した豊胸手術が出来ることになります。

豊胸手術の記事